カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

小さい頃から始まる

ここ数十年で、本当に英語を使う機会が増えてきているような感じがします。
少し前までは、学校で英語を教えてもらったら、社会に出ても使うことがほぼ無いという人が多かったと思います。仕事や旅行で海外に行く人ぐらいだったような。

でも、今は変わりました。学校では早くから英語を教えている幼児教室がふえてきたり、会社では、社内の公用語になっていたり、話したり使ったりする機会が増えてきています。
私は、高校卒業後に、ある日突然、「英会話教室に行こう!」と思い、個別指導の教室に行ったことがあります。大人数だと、先生と話す時間が少なくなるような気がして、個別指導を選んだのですが、正解でした!間違えやすい発音や、いいにくい発音を丁寧に教えてもらうことが出来ました。
少しは話せるのですが、やはり覚えるのが難しく、しかも口の開き方や舌の使い方が日本語でしか使わない状態だったので、発音するときに苦労し、もっと幼い頃から英字教室に通い個別指導してほしかったなあと思うことがありました。

たまに幼い子が、幼児教室で英語の授業をしている光景をテレビなどで見ることがあるのですが、絵やジェスチャーなどで楽しく勉強しているのを見ていいなあと思うことがあります。
英語を個別指導の幼児教室を楽しく勉強して身につけられたらいいですよね。早くから、触れることでしっかりと覚えられてネイティブな発音に近づけられますよね。
幼児時期に、幼児教室に英語を習わせたい理由を次に書いていこうと思います。

OUT LINK

幼児教室に通わせたい人は【浜学園】
無理な始めることができる英語の教材を選ぼう@エスプリライン
小学校受験で幼児教室に通うならここ|知能研究所(知研)